Blogブログ

音楽の専門家ならではの視点から、さまざまな内容で記事を掲載していきます。

ピアノを習って緊張を克服しよう

大塚駅から徒歩2分 ミュージックアカデミーラファーレ ピアノ講師の三浦です。

『緊張』
それは誰でもしたくない大敵ですよね。

大人では会社での会議やプレゼンがあり緊張してしまうものです。

この緊張、なんとか和らげる方法など知っておくととても有効です。
この記事ではその方法をご紹介していきます。

深呼吸をする

ベタですが、効果が期待できます。緊張しているときは呼吸法をきちんとしないと、緊張に拍車がかかります。
そのため、ゆっくり深呼吸をしましょう。

たいていの方は深呼吸する時間が短く、効果が出ません。
4拍吸って8拍吐く これをやってみましょう。長く吐く事でたくさん息を吸うことができます。

ただ、「吸って、吐いて」の深呼吸では余計な空気を吸いすぎてしまいます。
緊張状態というのは過呼吸の状態にあたるので、吸って吐いてですとより苦しくなってしまいます。

そのため、これ以上吐けないことろまで息を吐き、そのあと鼻から吸いましょう。
新鮮な空気を肺に入れることが出来、緊張が和らぎます。

ゆっくり行動する

動きをゆっくりしたり、話すときもゆっくり話しましょう。
速く動いたり、速く話してしまうと、脳は緊張のホルモンを出してしまいます。

ゆっくり行動することを心がけてみましょう。

緊張している時は気づかないうちに早口になっていたりします。
意識してゆっくりするだけで、聞いている人にとって調度良いスピードになりますし、聞いている側もリラックスする事ができます。

想像力を鍛える

自分が本番で弾いている姿を想像しましょう。初めて見るもの、初めて行く場所は緊張しますよね。
どういう状況で自分が演奏するのかイメージしておくと、少し落ち着きます。

・どういう所で弾くんだろう

ネット社会の今は、たいていの場所を検索して見ることが出来ます。
会場の写真を見ておくだけでも想像しやすくなるので、心構えができるのでオススメです。

・終わった後の自分を想像してみよう

本番が終わった後の自分を想像してみましょう。
喜んでいる顔、楽しそうな顔、達成した満足感。

それらを想像するだけで、少しでもイメージに近づく事が出来ます。
また、そういう練習しているだけでも、緊張は少し和らぐはずです。

本番を踏む

上記の方法を試すことでも少し楽になったりします。
しかしそれだけでは、肝心の「本番に慣れる」という事には結びつきません。

何度も本番の経験を積めば、自分にとってのやり方や方法がわかります。

当アカデミーでは、発表会を開催しております。
子供のうちから本番を踏むことはとても大事な事です。失敗を重ねていくことで、自分で考え、一歩一歩上達していく事が出来ます。
ピアノを習う事で、本番に自信が持てるようになりますよ!ぜひ一緒に始めませんか??

子供はもちろん大人の方でも参加可能ですので、ぜひご参加ください。

ラファーレは全面的にサポート

お話を聞きながら最適な方法を提案いたしますのでご安心くださいませ!
目標をきちんと立てることで、モチベーションにも繋がり意欲も上がるでしょう!

悩んでいる方はぜひご相談だけでも一度お越しください。
一緒にお悩みを解決しましょう!

また、体験レッスンも行っていますのでぜひお気軽にお問い合わせください!

関連記事