Kidsこどもの音楽教室

単なる演奏技術の指導だけではなく、豊かな心を育みます。

  • HOME
  • こどもの音楽教室

こどもの音楽教室

音楽は子どもの習い事として人気があります。
しかし、幼いころから習うメリットが分からなかったり、楽器の選択で迷ったりすることもあるでしょう。
私たちラファーレにおまかせください。プロの演奏家の視点でなんでもお応えいたします。

大人が習う場合と何が違うの?

そもそも、子どもが習う場合と大人が習う場合との違いが分かっていない人もいらっしゃることと思います。
もちろん当アカデミーも「音楽教室」なので、「音楽の演奏について習う」という点は共通しています。

しかし、大人が習うときのように演奏技術を向上させることだけに重点を置いていません。
楽器に初めて触れる子供も多いため、まずは「音楽を好きになってもらう」ための工夫が必要になります。

私たちのレッスンでは、レッスン時間のなかで「自由に」楽器に触れられる時間を設けたり、楽器の演奏に合わせて歌ったりするなど、音楽に慣れることから始めていきます。
もちろん慣れた後は演奏技術についても少しずつレッスンしていきますが、演奏会やグループレッスンなどで他の子供と一緒に演奏する機会を設けることもでき、幼い頃から「楽しく」続けられるようにさまざまな配慮や工夫を行いながらレッスンを進めていきます。

子供が音楽を習うメリットは?
音楽以外にも身につくことがたくさんあるってホント?

楽器の演奏を習ううえで、音を聴き取る力や音感は重要なポイントです。
大人になると人間の耳は、聴き取れる周波数帯域が狭くなっていきます。
子供が習う場合はそのような心配をしなくて良いですし、耳の成長とともに音感を養っていける点もメリットです。

また、自己表現が上手になることもメリットのひとつでしょう。
楽器を使って表現の練習をしておけば、楽器を使わない表現も得意になりやすい傾向です。
子供のうちに演奏会などで表現する経験を多く積むことで、他人にアピールする積極性やしっかり伝えようとする注意力が身につきます。
人前に出ても物怖じしなくなり、堂々と振る舞う自信も持てるようになるでしょう。

どの楽器を習わせる?
まだ決まっていないのであれば、プロの演奏家と一緒に決めましょう。

楽器を選択するときは2つの方針があります。
子供でも始めやすい楽器を選ぶという方針と、大人になってからでは上達しにくい楽器を選ぶという方針です。

前者は、ピアノのように音を出しやすい楽器が該当します。
上手に演奏しようとすると技術が必要ですが、音自体は簡単に出せるので、初めての子供でも楽しく感じやすいです。

後者は、たとえばバイオリンのように正確な音程を取る必要のある楽器が当てはまります。
大人になってから急に始めると、音程を取れるようになるまで苦労する方ももちろんいらっしゃいます。
集中力も必要なので子供にはハードルが高いですが、将来を見据えて習わせる親も少なくありません。

ラファーレではお子さまの性格や、目的に応じた楽器選択はもちろん、レッスンの内容もオーダーメイド可能。
いち押しの「よくばりレッスン」なら、トランペットをメイン楽器に選びつつ、ピアノを使ったサブレッスンもできます。

逆に、例えば「将来的には管楽器を習わせたいけどまだ小さいから」…という場合でも大丈夫。
先にピアノや歌で音楽の楽しさを学びつつ、サブ科目に最初は笛や簡単な楽器を使ったものをセレクトし、永久歯に生え変わったタイミングで少しずつ管楽器に慣れていくようなスタイルも、ラファーレだからできるレッスン設計です。

演奏以外の力も育める音楽教室「ラファーレ」

子どもは音楽を習うことによって、演奏技術だけでなく音感や表現力も育まれることが多いです。
楽しく学べるように工夫されているので、続けやすい習い事といえます。
まずは親子でラファーレを見学して、親御さんもお子さんも一緒になって楽しさを感じとってください。
そして体験レッスンでラファーレの魅力を体感してみてください。

レッスン開講時間
平日  11:00〜22:00
土日祝 11:00〜18:00

スタジオ貸出時間
平日  11:00〜22:00
土日祝 11:00〜18:00

電話予約受付時間
平日  11:00〜18:00
土日祝 11:00〜18:00